仕事の出来る人と出来ない人の2つの違い

世界中には、様々な仕事があります。
自分が知らないような業種・職種も沢山あります。

しかしながら、どんな仕事でも共通していることは、仕事の出来る人と出来ない人の2つのパターンがあるということです。

なぜ仕事が出来る人とそうではない人とで分かれてしまうのか。
それには様々な議論があると思いますが、私は2つのポイントが重要ではないかと考えています。

まず一つは、仕事を考えてやっているかどうか、です。
もしかしたら、頭を使って考えて仕事をする、ということは、当たり前のように感じるかもしれません。

しかし、多くの人は、日々の仕事が同じことの繰り返しだと感じ、これまで通りのやり方で深く考えずに仕事をこなしてしまっています。
仕事の中には、大小さまざまなものがあります。

その一つ一つを、何のためにやっているのか、どうしたらもっと効率的に、質を上げて出来るだろうか、と考えながら仕事をしている人はどれぐらいいるでしょうか。
上司から指示された仕事をこなせばいいと思っている人はどうでしょうか。

考えて仕事をしている人と、そうでない人には必ず差が出てきます。
考えていなければ、新しい発見などありえないからです。

もう一つは、すぐに実行できるかどうか、です。
仕事が出来る人は、仕事を後回しにすることはありません。
先延ばしにして「やらないといけない」と思い続けることが嫌いなのです。

面倒くさい、嫌いな仕事ほど、先に片付けることが出来れば、「この人は仕事が早い」と評価されます。

チタンピアスを付けよう
セカンドピアス選びに迷ったらノンアレルギーのチタン製ピアスが安全で安心
www.nadeshiko-st.com/

»