自分の個性に気付く

自分の持っている能力を存分に生かしたいと思っていますが、実際は、そうでもないような気がします。
自分の特技や趣味、つまり自分の個性をしっかりと理解しているでしょうか。

自分の個性を、何らかの形で仕事に生かすことが出来れば、それは天職と呼べるのではないでしょうか。
まずは、自分自身に興味と関心を持ち、自分の個性を理解するための努力から始めなければなりません。
自分の個性、ユニークな部分は何なのか、他の人と比較してどうなのか、という特徴をしっかりと考えることが必要となってきます。
日本人は特に、他人と比べて、個性がないと思っている人が多いのではないでしょうか。
周りに合わせて生きていくのがとても上手な国民性だと思いますし、欧米で行われているような、個性を伸ばす教育というのは、日本にはありません。
しかしながら、決して平凡な人間などいないのではないでしょうか。
人間がみんな同じ性格なわけではありません。
何をしているときが楽しいのか、自分らしさとは何なのか、と考えてみると、自ずと自分の個性は見えてくるのではないでしょうか。
自己分析が出来たら、それを生かして仕事をしていくにはどうすればよいのかを追求していくことが必要となります。
私たちのほとんどは、オリンピック選手のような世界記録を争う才能や、天才的な科学者のような才能などは与えられてはいません。
私たちは、全員が天才的な業績を成し遂げる必要はなく、日々を楽しく、気持ち良く、充実感のある仕事をすることではないでしょうか。

«
»