消防車のサイレン

先日の夜中、けたたましい消防車のサイレンの音に起こされました。またサイレンの他にも、地域の消防隊に集合を呼びかていける車も走っていました。どうやら割と近所の家で火災が発生したらしいです。

 私は今までに1度だけ、この目で火災現場を見に行ったことがあります。小学生の頃の事ですが、近所で火災が発生し、野次馬の父に連れられその現場を見に行きました。オレンジ色の大きな炎が家全体を包み込むように燃えており、とても熱かったです。火には水をかければすぐ消えると思っていた私ですが、消防車から放出される大量の水でもなかなか消火出来ないその炎に、とても恐怖を感じました。最後まで見届けることが出来ず、次の日にその家が全焼してしまったという新聞記事を見ました。幸い死亡者や怪我人はいなかったそうですが、その家の人の事を考えると、胸が痛かったです。
 また先日、料理中に危うく火災になりかけるところでした。熱し過ぎた鍋に油をたらしたところ、引火してしまったのです。ビックリしましたが、濡れタオルを被せるだけで消火出来ました。鍋とタオルは真っ黒に焦げてしまいましたが、私も家も無事で良かったです。火を使う際は、十分に注意をしようと思いました。
 学校や会社では避難訓練が行われていますが、いざという時のために、意欲的に参加した方が良いと思います。また出来るなら、消火器等の使い方も知っておいた方が良さそうです。特に今のような乾燥注意報が出ている時期は、火災件数も増えるそうです。他人事だと思わず、注意して生活してほしいです。

«
»