センスのいいお店選び

秘書として働いていた頃、最も頭を悩ませたことが、会食の場所選びと、手土産選びでした。
地方から上京して働いていた私は、都内の高級なお店など行った事もなく、インターネットの口コミサイトも、実際の印象と違うところが多く、本当に神経をすり減らしたものです。

お客様を訪問する際も、日ごろ大変お世話になっている方々へ感謝の気持ちを伝えるために、手土産が欠かせません。
これもまた、秘書の大事な役目のひとつです。

先輩秘書の中には、お店をエクセルでまとめて管理している方もいました。
皆さんそれぞれのやり方で、良いお店をピックアップしているのです。
本当に相手に喜ばれる、上品なものを選びたいですからね。

手土産は特に、豪華すぎるものはかえって相手に負担をかけてしまう場合も多く、相手の気持ちに立って選ぶことが重要です。

友達や実家への手土産ならば、好みや欲しいものを聞いて、簡単に済ませることが出来ますが、取引先となると、そうもいきません。
相手の好みをさりげなく探ったり、季節感を考慮したり、きちんと目的を持って選んだり・・・と、することは沢山あります。

しかも、上司のために、センスがいいと思われるものを選ばなくてはなりません。
定番のものは、やはり良品でもありますが、話題の新作も、センスがいいなと思われますし、とても難しいところです。

手土産を渡す際には、これを選んだ理由や何か簡単なエピソードを一言添えるのが良いと思います。
その一言があるかないかで、相手の印象も違ってきます。

«
»