転職

就職氷河期だから、と、とりあえず内定をくれた会社に入社したけれど、やはりここでは自分のキャリアアップは見込めない、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
私も、そうでした。
キャリアアップをしたいと思ったときに、真っ先に思いつくのがまず、転職でした。

誰しも「自分にはもっと可能性があるのではないだろうか」や「もっと手に職を就けて安定した仕事に就きたい」と思うことがあるのではないでしょうか。
現代は、昔とは違い、転職することは珍しいことではありません。
しかしながら、ただ単に今の会社が嫌だからと思って転職をしてしまうと、おそらく失敗してしまうでしょう。
キャリアアップのための勉強や資格取得もせず、将来のビジョンも持たずに、ただ単に今よりも条件の良い仕事を探したのでは、なかなか良い仕事には出会えないと思います。
まず、転職に集中したいから、と転職が決まる前に退職した場合は、次の仕事が見つかるまでの期間の生活費をはじめ、住民税や国民年金、国民健康保険や生命保険など、給料から天引きしていたお金が一気に自分のお財布から飛んでいってしまうのです。
その分、気持ちが焦ってしまい、内定した会社でいいや、という気持ちになってしまいます。
そう、結局自分が前の会社を選んだ理由と同じになってしまうのです。
本当にキャリアアップをのぞむなら、まずは自分で努力してみましょう。
職場で、何か意に沿わないことがあったとしても、諦めずに、ある程度は譲歩してみましょう。
ある程度の許容は会社員にとって大切な経験であり、自分の力で徐々にでも環境を変えていくということも可能です。
そうすれば、より自分の価値は上がります。

«
»