単館映画の楽しみ方

最近仕事があまり忙しくなくなってきたので、映画を見るようにこころがけています。
元々映画は好きだったのですが、なかなか見れる機会に恵まれなかったので、今年こそは!意気込んでいます。
映画のいいところは何といっても音で物語を再現できるところ!

読書も好きなのですが、想像力があまり豊かではない私には、いまいち想像できない部分もあって(それが読書の醍醐味でもあるのですけれどね!)映画だと音や画面でそれを楽しむことができるので好きです。またファンタジーなど想像しにくいものは映画を見てから原作の小説などを見ることにしています。そうすると、映画で見ていたことがまた脳内で再現できて楽しいです。
DVDを借りてみるのも好きなのですが、やはり大画面で見たい!という欲求もあり、近頃は映画館に行って楽しんでいます。
市内にある有名な映画館で見るのももちろん楽しいのですが、最近は地元にあるローカルな映画館に行くことが多いです。なかなか上映されることの少ない古い名作や若手監督による不思議な映画など、なかなか普通の映画館では見れないものも多数見れるため、行くうちに徐々にはまってしまいました。流行の人気映画はやっていない代わりに、とても空いていたり、たまに安くなっていたりするので、気軽に落ち着いて楽しめるので大満足です!
今年に入ってからはまだあまり見れていないので、目標としては月に一回か二回は映画館に行けたらなあと思っています。

未来のある職場
就業管理システムで労務管理機能UP
勤務実績データをCSVにて出力が可能。
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«