自分の特技を探してみる

自分がどう生きれば楽しいのか、を知っている人はどのぐらいいるのでしょうか。
私は、ゴルフや卓球など、体を動かすことが趣味で、美味しいものを食べるのも大好きです。
英語が得意で、外資の会社に勤めています。

しかしながら、自分が本当に欲しているものが何なのかは、あまり考えたことがありません。
現代人には、自分が本当に欲しいもの、好きなもの、どう生きるのが楽しいのか、などを、静かにゆっくりと考える時間がありません。
私は、何か疑問があったとき、すぐにインターネットで検索して答えを見つけ出します。
子供の頃からパソコンがあるのが当たり前に育っている今の若者は、きっとみんなそうするでしょう。
答えは全て見つかる状況にいると、なかなかゆっくりと自分を見つめ直すことはできません。
自分らしさは何七日を知るために、まずは様々なことに挑戦し、試行錯誤してみることも必要になってきます。
まずは当面の目標を持って、その目標に向かって努力して邁進してみたいものです。
もしも失敗してしまったら、それは自分にその道の才能がなかったということでしょう。
こうして、自分らしさをひとつひとつ理解していくことが出来れば、徐々に自分というものとより深く向き合えるようになります。
また、まずは何に挑戦してみるかということは、感覚的に、なんとなくこれをやってみたい!という気持ちを大事にしたほうがいいかもしれません。
なぜなら、自分の才能や個性には、理論ではなく感覚で気付いていくものだからです。

«
»