小学校入学に思う

私には、来年小学校に入学する姪っ子がいます。その姪っ子は、叔母の私が言うのも可笑しいですが、とても可愛らしい子です。しかし、彼女は齢6歳にして、すでに世渡り上手な魔性の女です。
 私が大学に入学して間もない頃、妹の娘として、姪っ子は生まれました。

姪っ子は生まれたばかりの頃から目がパッチリしていて、将来美人になるぞー、と家族一同喜んでいました。妹は出産後もしばらくは里帰りをするという事で、実家で一緒に生活していました。私の家にベビーベッドが届いた時のワクワクした気持ちは、今でも忘れられません。姪っ子が退院した日に私は初めて会ったのですが、大きな目で瞬き1つせず、じっと私を見つめる姪っ子があまりにも可愛くて、興奮しっぱなしでした。
 その後妹は、実家から旦那さんが待つ家に戻っていきましたが、すぐに離婚をして帰ってきました。一緒に暮らせるようになった私はとても嬉しくて、バイト代でおもちゃや洋服を買い、とても大事にしました。姪っ子はどこに連れて行っても、いろんな人から可愛いと言われてきました。あるパンフレットのモデルをしたこともあり、とても自慢の姪っ子でした。
 その姪っ子は年を重ねるにつれ、どんどん生意気になりました。しかし、肝心な時はその可愛さを武器に上手に甘えてきます。また家族以外の人の前では良い子を演じ、外面が良いです。たまに会う私の彼氏の前では、完全な別人になっており、彼氏もメロメロです。保育所ではモテモテらしく、今は○○君に好きって言われているー、という話をよく耳にしますが、本人はみんなが好きだから選べないと言って、なかなかの悪女です。勉強嫌いで、目立ちたがり屋な性格なので、将来が少し心配ですが、とても可愛い姪っ子です。
 これからどんどん成長していく姪っ子の姿を想像すると、とても楽しみな反面、ちょっと寂しいですが、元気いっぱい育っていって欲しいです。

«