うちの社長

うちの会社の社長は、以前総合商社の副社長をしていた方で、若い頃は海外赴任を繰り返し、大変優秀な方です。
でも、インテリを鼻にかけるような嫌味は全くなく、スマートな紳士でいらっしゃいます。

スマートな人って、自分では出来ないことを、なんともなくさらっとやってのけちゃいますよね。

相手に気遣いさせずに、良い気分にさせることがとても上手ですし、自分とはきっと違う次元の人間だな、と思わせられます。
それが嫌味なく自然に出来るんだから、もう文句ありません。

欧米なら当たり前のレディーファーストや女性のエスコートですが、日本ではなかなかそれをさりげなくしてくれる人には出会えません。
いや、見せかけだけならば、少なくはないでしょう。

でも、本当の紳士というものは、見返りを求めず(下心ゼロ)、また、相手が重たく感じないさりげなさなんですよね。
かっこよさを意識しているわけでは決してないのです。

また、どんな相手であっても、尊敬して対応していらっしゃいます。
自慢話や自分の話ばかりの独りよがりの会話など、絶対にしません。
相手への敬意や気配りが感じられるのです。

社長という重要なポジションにいらっしゃるため、会社のために必要な決断を日々下し続けなければなりません。
それには、知識や経験が物を言うでしょうから、そういった若い頃からの蓄積が、今の素晴らしい人格を形成しているのでしょう。

私は足元にも及びませんが、社長の良いところを沢山観察して、吸収していけるよう努力したいと思います。

«
»